テンズロードへようこそ!

株式会社テンズロードの会社ブログです!

テンズレンジャー日記更新しました。読んでみてくださいね!

テンズレンジャーのグリーン(行政書士)が法律について語っています。

フムフム…なるほどです。

 

tenzroad.com

テンズレンジャー日記を更新しました。読んでみてください。

tenzroad.com

チラシ第三弾が完成しました。HP投稿の更新をしました。是非読んでみてください。

tenzroad.com


tenzroad.com

介護リフォームの素敵な話

皆さん、こんにちは!

 

連日、暑いですね。

 

こんな暑い日は、

枝豆をつまみに、ビールを飲みながら、フラダンスを眺めてみたくなりませんか?

 

と言う事で…

観てきました!!

 

素敵です(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

f:id:tenzroad:20170719190416j:plain

 

素敵と言えば…

 

今回は、介護リフォームの、素敵なメリットについて、ご紹介させていただきます。

 

前々回の『介護リフォームの誤解』で、要支援・要介護に認定されている方で、一定の条件を満たしていれば、下記の種類のリフォームに介護保険が活用できるというお話しをしました。

 

(1)手すりの取付け (2)段差の解消(3)滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更(4)引き戸等への扉の取替え (5)洋式便器等への便器の取替え (6)その他前各号の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

 

このような、リフォームをする場合は、

 

工事額の20万円の9割(一定以上の所得がある場合は8割)の保険給付が受けられるんです。

 

つまり、最大18万円!!

 

これって、結構うれしい金額ですよね。

これだけでも、ずいぶん素敵なお話しだとは思いますが、まだメリットはあります。

 

注:テレビショッピングでよくある、今ならコレもついてきます!!というお話しではありません(^▽^;)

 

もう一つのメリットとは、

通常、保険給付を受ける時は、

 

『いったん、自己負担して、後日返金される』

 

といった流れが一般的ですが、介護保険が適用するリフォームには、こんな特別な制度があるのです!

 

じゃじゃーん!!

『住宅改修受領委任払い制度』

 

ジュリョウ…イニン…

 

漢字の連続で、なんだかよく分からない制度名ですが、

 

簡単にご説明しますと、

 

お客さんは、最初から工事額(上限20万円まで)の1割、または2割のみの支払いでオッケーですよ!って事です。

例えば…

リフォームに20万円かかったら、2万円(場合により4万円)だけ、お支払いください。

っていう事です。

給付金の振り込みは、何週間も先…なんて、そんなじれったい思いをしなくていいんです!

 

「リフォームは高くかかるから、もう少し我慢しよう。」

と思っている方は、たくさんいらっしゃいます。

 

そう思っている方は、まず、ご自身(要介護認定を受けている方)のお住いの市区町村に『住宅改修受領委任払い制度』が導入されているか、を役所の介護保険窓口に問い合わせて確認してみてください。

そして、この制度を使って、リフォームする場合は、必ず、受領委任払取扱い事業者の登録をした業者さんにお願いしましょう。

 

登録事業者とは、各市区町村の取り決めた条件を満たしている業者です。

当社は横浜市なので、横浜市を例に挙げると

 

横浜市の受領委任払い制度では、市が作成する名簿に掲載されている事業者を受領委任の対象としています。
次の2つの条件を満たしている事業者を掲載しています。
(1)横浜市が主催する住宅改修に関する研修を受講した事業者
(2)住宅改修給付費申請・受領委任払いについての承諾書等を提出・受理された事業者

横浜市 健康福祉局HP参照

 

となっています。

 

リフォームをする業者は、工事そのものの技術はもちろんですが、専門的な知識がなければなりません。

高齢者の生活状況を理解して、ケアマネ―ジャーさんと連携をはかり、申請業務までスムーズに行える業者でなくてはならないんです。

 

どこのリフォーム屋さんでもできるってわけじゃないんですね。

 

ですので、業者選びをするときは、お住いの地域の『受領委任払取扱い事業者』にお願いしましょう。

 

当社は、横浜市小田原市受領委任払取扱い事業者ですので、この地域で介護リフォームの受領委任払いを検討しようかなという方は、

 

どうぞ、お気軽にご連絡くださいね。

 TenZroad | 株式会社テンズロード

(やっぱり、どことなくテレビショッピング風になってしまう…^^;)

 

と言うことで、

高齢者のお住いのお悩みは、この『住宅改修受領委任払い制度』で解消しちゃってください!という素敵なお話しでした。

それでは、ALOHA~

広報部長の自己紹介

こんにちは!テンズロードの広報部長「ルーク」です!

ワシは茨城県で生まれて、母と兄弟で路頭に迷って野良犬生活をしていたところ
保健所が収容に来て、兄弟と離れ離れになりました。
なぜ離れ離れになったかというと、保健所の人が来ているときに、母とワシは土管の中で寝ていたからなのじゃ。
その時はまだ本当に子犬であった。父親は誰だか不明。

f:id:tenzroad:20170714025312j:plain

そのまま「迷い犬」としてフラフラしていたところ、近くのお宅に少しお邪魔することとなり
そのお宅のお嬢様が、現テンズイエローに

f:id:tenzroad:20170714031420j:plain

「子犬がウロウロしているから見に来ない?」と言ってくれて、

 

見に来ていただいた勢いで、テンズイエローの家で面倒を見てくれることとなりました。だって・・・かわいい・・・から・・・
ちなみにそのころのイエロー女史は、こんな感じでした。

f:id:tenzroad:20170714031911j:plain
若い・・・・・


ありがてえ!

 

f:id:tenzroad:20170714031943j:plain
粗相もなく、無駄吠えもかみつきもなく、割と初期教育は楽だったと
テンズイエローとその母は言っておるのじゃ。
しかし、拾ってから2か月で体重が10倍くらいにぐんぐん成長して大変だったと言われちょる。
茨城県、今でもワシの故郷じゃ、子犬のころ遊んでくれた友達犬がいっぱいおる。

テンズイエローのご家族、周囲の犬先輩、猫先輩などと仲良くしていた子犬時代じゃった。

さて、その後、横浜に引っ越してはや11年。
ワシはすっかり成長し、もはや老犬であります。12歳。人間だと還暦↑である。
年を重ねると持病もある。


ただ、、、、、めっぽう元気じゃ。

f:id:tenzroad:20170701040602j:plain

f:id:tenzroad:20170701040550j:plain

幼いころの面影はどこへやら、すっかり「モフモフ」犬となってしまい
心臓や肝臓の病気を抱えつつも、若者には負けん元気いっぱいで
ご近所の防犯や地域の方々とのコミュニケーションに大活躍しておるのじゃ。
お隣さんがいずれも犬好きで、たいそうかわいがってもらえるが
震災の時は家が半壊し、しんどい目に遭遇した、あの恐怖は忘れん。
しかしそれもお隣さんにケアしていただいて、なんとかなっちょる具合や。
今では近辺では最長老くらいのポジションになってしもうた。
テンズロードの介護リフォーム、よろしくおねがいします、老犬が申しております。

しかし!

 

夏は暑い!毛皮をどうにかしてくれや!

f:id:tenzroad:20170701040312j:plain


ということで初夏に毎回トリミングに行くのが儀式となっておるんじゃ。
今年のトリミングは6月後半に予約してもろうた。
ワシは昨今はお世話になっている病院のトリミング部門にお願いしており
何かあったときの既往症勃発!などが起きた際も、対応もばっちり。
ですが人気の病院なので、トリミングの日が豪雨でもキャンセルが難しいのです・・・・・・
なぜならここでキャンセルすると1か月は待たされる・・・・
七月末にこの長毛はキツイっす!ワシ心臓に病気あるし!
ということで、テンズイエローが決死の思いで病院まで連れていってくれました。

f:id:tenzroad:20170701040952j:plain

服はレッドです。

さて!トリミング終了したらスッキリしたばい!

f:id:tenzroad:20170701040949j:plain

ワシは若返った!

f:id:tenzroad:20170701040938j:plain

すっきりイケメン?でござろう。

f:id:tenzroad:20170701040925j:plain

涼しくなって、笑顔もきらっとしておるであろう!!!
今年の夏もなんとか乗り切れそうでよかったばい。

f:id:tenzroad:20170701040915j:plain

 

f:id:tenzroad:20170701040331j:plain

衝撃のビフォーアフター

f:id:tenzroad:20170701040337j:plain

みなさまもよき夏をお過ごしください。
ワシも水飲んで涼しい場所でゴロゴロして秋を待つばい。

介護リフォームの誤解

 みなさん、こんにちは。

 

なんだか、ムシムシ…🐛

蒸し暑くなってきましたね。

 

さて、前回のブログで、『よく聞かれること』と題して、3回に分けてお話ししますとお伝えしたので、今回も、そのお題で書こうと思っていたのですが…

 

 

最近こんな言葉を耳にしたので💦

↓↓

 

 

「ねぇ、西村さん、介護リフォームって、介護保険払ってると、リフォーム代が安くなるの?」

 

「いまの壁紙が気に入らないから、綺麗な柄に張り替えたいのだけど、介護保険おりる?」

 

 

 あ…

これは、まず先にっ(;’’∀’’)

 

介護リフォームについて、もっと丁寧にお話ししなければ!!と緊急性を感じ、

 

取り急ぎ、お題を変えて発信します。

 

 

 

と言うことで…

 

今回は、介護リフォームの種類と要件について書かせていただきますね。

 

 

突然ですが、みなさん。

 

「リフォーム」っていうとどんなことをイメージしますか?

 

・いま使ってる古びたキッチンを、システムキッチンに変えることでしょうか?

・水漏れが気になる、洗面所の給水管の工事でしょうか?

 

きっと、みなさんの頭の中に浮かんだのは、ご自身のお宅の気に入らない部分や、

故障などで不便を感じている部分だと思います。

 

「リフォーム」という言葉の意味を、パソコンやスマホで検索してみると、

 

「作り直すこと。特に、洋服の仕立て直しや、住宅の改築・模様替え。」

 

とあります。

 

システムキッチンの設置も、給排水の工事も、

 

みなさんのイメージと、さほど大きな違いはないと思います。

 

当社でも、このようなリフォーム工事は、けっこう受注します。

 

 

ただ、ここで、

 

介護保険を使う」となると、どうなのでしょうか…

 

先ほどのリフォームの内容とは、ずいぶんと異なりますので、これから、きちんとお話ししますね。

 

まず、

 

①Q:介護保険を払っていると、自宅のリフォームが安くなる?

 

A:そんなことはありません。

 

②Q:自宅の壁紙を、好みの花柄に張り替えたいのだけど、介護保険おりるの?

 

A:おりません。

 

介護保険を活用するリフォームは、まず、「要支援・要介護」に認定されていることが、要件となります。

※お住まいの市区町村の介護保険窓口や、地域包括支援センターが申請窓口です。

 

ですので、介護保険を払っているからと言って、要介護認定を受ける前に、介護保険がおりるわけではありません。※要介護認定の申請と、リフォーム申請を平行して行いたい場合は、必ず役所に相談してください。

 

 

そして、もう一つ大事な要件として、下記のリフォーム内容が介護保険の適用範囲となります。

 

(1)手すりの取付け (2)段差の解消(3)滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更(4)引き戸等への扉の取替え (5)洋式便器等への便器の取替え (6)その他前各号の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

 

よって、「要支援・要介護」に認定されていても、綺麗な壁紙に張り替えることが目的となるリフォームには適用されません。

 

どんなリフォームにも介護保険が活用できる。と言うわけではないんですね。

 

もう一つ、「要支援・要介護」と認定されているご本人様がお住いの家であることが要件です。

 

この3つの要件が揃っていて、介護保険を活用したリフォームをすることができるというわけですね。

 

高齢などによって、生活が不便になってきた(これから不便になりそうな)部分を助ける為の工事。

 

と思っていただければ良いと思います。

 

f:id:tenzroad:20170702221319j:plain

 

ここまでのお話しで、介護リフォームの事、少しでもご理解いただけたかなと思いますが、

 

なんだか制限があるし、面倒くさそう…

 

と思われた方もいらっしゃると思いますので、

 

以降のブログで、

 

介護保険を活用したリフォームには、メリットがたくさんありますよ(*^-^*)

 

と言うお話しをしようと思います。

 

取り急ぎ、介護リフォームの誤解は解けたので(;´∀`)

 

次回は『介護リフォームのメリット』お楽しみに!!

 

前回と冒頭に申し上げたお題の

 

『よく聞かれること』については、

 

また、ゆっくり、ぼちぼちとアップさせていただきます。

 

テーマがコロコロと変わっていくと思いますので、

 

気まぐれなブログを、ゆる~い感じで、読んでいただけたら嬉しいです =^_^=

あいさつについて

tenzroad.com

法人を立ち上げると、たくさんの方にお会いする機会も多くなります。

 

あいさつに来られる。

 

あいさつに伺う。

 

プロジェクトや交流会で名刺交換。

 

いろいろパターンあります。

 

法人立ち上げて一年目になりますが、設立当初からよく聞かれることがあります。

 

「社名の意味」

 

「法人設立の経緯」

 

「目指すところ」…いわゆる、ビジョンを聞かれることもままあります。

 

せっかくブログを開設したので、今日から3回に分けて、皆さまへご挨拶の意味を込めまして、こうした、『よく聞かれること』についてお話しさせていただこうと思います。

 

f:id:tenzroad:20170628181150j:plain

 

では、早速、一つ目の「ごあいさつ」です。

 

株式会社テンズロードの社名の意味について、お話ししていきますね。

 

・よく聞かれること①「社名の意味」

 

このお話、自分で説明するのが、とても恥ずかしくなるのですが…

自分自身の名前。

代表の西村の名前からもじって作りました。

 

ファーストネームが「典代」で、「典」の字から、「テン」と読むことにし、

続いて、「の」と言う意味で「ズ」と付け、「ロード」は道を表します。

「典の道」で「テン、ズ、ロード」と名付けました。

 

自身の歩む道が、会社の道となりますので…^^;


英語表記は「TenZroad」です。


「s」でなく大文字の「Z」にした理由は、紆余曲折ある生き方、ジグザグに曲がった道を表しています。

 紆余曲折あってもへこたれず、突き進む姿勢を意味しています。


「Z」な歩みは、代表の西村自身の生き方そのものであり、また、仲間やスタッフ、様々な状況にあるクライアントさん、関わった、ひとりひとりの人生に寄り添って、場面、場面で、ベストな提案をしていきたい。という想いで、このような社名にしました。

いつも、社名の意味を問われると、こっぱずかしいのと、長ったらしいのと…

結構、アセアセ^^;しながら、ざっくり端折ってお話ししてしまいます。

 

この場をかりて、きちんとお話しが出来て良かった…